釣りスタイル

釣りに必要なスキルについて

釣りを楽しむ上で必要な事の一つに仕掛けを作ると言う事が挙げられます。 仕掛けと言うのは、針や糸、ウキ、サルカンなどの小道具を組み合わせて針にはエサを取り付けて魚を狙うためのシステムのようなものです。
仕掛け作りに必要なスキルと言うのは、針や糸を正しく結ぶためのテクニックを身に付ける事が基本として挙げられます。 自己流の結び方をしていると、仕掛けだけが海の中に消えてしまう事も有りますし、魚が釣れた時にリールを巻いていたら急に切れてしまったり、ヨリモドシ部分の繋ぎ目が解けてしまい、魚を逃がしてしまう事も有ります。
そのため、強度の高い結び方を覚える事が釣りの基本には必要となるのです。 また、ウキは魚のアタリを知る目的で使う道具で、ウキには球状のものや長細いもの、ゴム管にウキの足を入れて使うものや、ラインに通して使うものなど様々で、狙い方などに応じて使い分けたり、潮の流れが速い時などは、ウキが流れてしまうので、オモリが付いているウキを使うなどの使い分けなどのスキルも必要になります。

釣りは魚の生態を知ることも必要

釣りを楽しむ時、魚がどのよう場所に生息しているのか、魚の生態を知ることも必要です。 例えば、乗合船を利用して釣りをする場合は、船頭さんが魚がいる水深を教えてくれます。 水深のことをタナなどと言うのですが、タナとなる場所にエサを落とすことで魚を狙う事が出来ます。
また、防波堤などでウキを使って狙う場合も、魚のタナを知る事でヒット率が高くなります。 最初はウキ下を1メートルとして狙っていてもアタリが来ない時は、ウキ下を変える事でヒットするケースも在るなど、魚を狙う上ではタナを抑える事が必要と言う事です。
また、魚の食いが悪い場合は、エサの付け方を変えてみたり、エサの種類を変える事でヒット率を上げるコツとも言えます。 例えば、海岸からの投げ釣りをしている時など、アタリが少ない場合はアオイソメを他のエサに変えてみたり、少し長めにアオイソメを付けてあげる事で食いが良くなるなど、ちょっとした工夫を行う事で釣果も変わります。

Last update:2017/2/1